対人恐怖症を考える

現代人は精神的も病んでいると言われています。


ネットカフェ難民やニートと呼ばれるいわゆる社会に溶け込めない若者が増えている中、人と付き合うのが苦手な人もいれば、人と対面する事で以上に怯えたり緊張して何も出来なくなってしまう人もいます。


あまりにも社会生活における健全な人間関係を築くのが困難状態になった状態をを対人恐怖症といい、強迫観念症の中の一つとして知られています。


対人恐怖症の特徴は人前での自分の態度に違和感を覚え、極度の緊張や戸惑い、嫌われているのではないかという恐怖感が付きまとい、人に受け入れてもらえないと勝手に悩んでしまうところにあります。


対人恐怖症が発端となって身体と精神に色々な症状が現れてきます。


Read more "対人恐怖症を考える"
 | HOME |