対人恐怖症を考える

現代人は精神的も病んでいると言われています。


ネットカフェ難民やニートと呼ばれるいわゆる社会に溶け込めない若者が増えている中、人と付き合うのが苦手な人もいれば、人と対面する事で以上に怯えたり緊張して何も出来なくなってしまう人もいます。


あまりにも社会生活における健全な人間関係を築くのが困難状態になった状態をを対人恐怖症といい、強迫観念症の中の一つとして知られています。


対人恐怖症の特徴は人前での自分の態度に違和感を覚え、極度の緊張や戸惑い、嫌われているのではないかという恐怖感が付きまとい、人に受け入れてもらえないと勝手に悩んでしまうところにあります。


対人恐怖症が発端となって身体と精神に色々な症状が現れてきます。


例えば人前で顔が赤くなる、相手の目を見る事が出来ない、どもり、声の振るえ、緊張による会話困難など、人に対する恐怖心から精神に異常をきたしてしまいます。


こうした対人恐怖症を含む脅迫神経症の治療には薬物治療が効果的だとされています。


脳内のセロトニン神経伝達物質が強迫性障害に関係している事から、うつ病治療に使用されている抗うつ薬を使用して治療を行なうのが一般的です。


ただし薬の服用量がうつ治療より多い場合もあり、また長期間の服用が必要になる為に医師の適切な指導の下、再発を防ぐためにも完治するまでしっかりと服用し続けなければなりません。


また対人恐怖症などの強迫性障害は、薬物を使わない行動療法と呼ばれる方法で治療する事も出来ます。


対人恐怖症は現代でも非常に深刻な精神障害の一つなのです。
Comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示
Trackback