対人恐怖症を治療する

対人恐怖症は日本人に多く見られる病気で、人前で緊張してしまい恐怖観念から身体の様々な不調に悩まされる病気です。


人前で顔が赤くなってしまう、思うように話が出来ずどもってしまう、人の視線が気になってしまうなど、強迫神経症の中の一つの症状として知られており、人間関係を重んじる日本の社会にとってはまさに致命的な病気なのです。


他人との関係においては、誰しもがある程度の緊張や恐怖を覚えながら接していかなければなりませんが、対人恐怖症の人は普通の人と比べて異常反応を起こす為に、まともな社会生活が営めなくなるほどになるのです。


したがって対人恐怖症になった人は、何とか症状を克服しようとしてあらゆる努力を試みますが、帰ってそれが症状を悪化させ回復を難しくしているのです。


対人恐怖症の人が根底に思っていることは、自分と他人との違和感であり自分の事を変に思ってやしないかという不安と恐怖の感情なのです。


対人恐怖症は薬物での治療のケースが少ないようです。


対人恐怖症を克服する為の効果的な方法として、森田療法が有名です。


森田療法はあるがままの自分を受け止めて、決して症状に抵抗しようとしないことが重要であり、この考え方により症状を改善しようとする方法なのです。


緊張や不安を排除しようとしてジタバタすることが帰って逆効果なんですよね。


こうした悪循環に陥らないためにも森田療法の実践を是非おすすめします。

Comment

管理者のみに表示
Trackback